2014/07/13

韓国のT-moneyカードの種類には御用心

タクシーで行くには中途半端ですし、お店とは違い運転手は日本語や英語の分かる人も少ないですので韓国旅行では移動手段は地下鉄を利用しました。
地下鉄には1日乗り放題のチケット等ありますがプリペイド式カードT-money(日本で言うSuicaやPasmo)が一番簡単ではないでしょうか。
切符代の確認→切符購入→小額の管理も心配いりませんので。
後、地下鉄もバスもチケットをわざわざ購入するよりも100ウォン安いです。
因みにT-moneyカードはバスでも利用可能ですの移動手段がバスの方も利用した方が良いと感じます。

色々良いところがあるT-moneyカードなのですが筆者が戸惑った事があるので記事にしておきたいと思います。


カードの購入は駅やコンビニなど色々な場所で変えるのですがどうも何種類かあるようです。
筆者は明洞駅改札前の機械で購入したのですがどうやら購入したのは「ソウルシティーパス・プラス」というカードだったようです。
こちらのカードは簡単に言うとT-moneyカードの機能+4大古宮(景福宮、昌徳宮、昌慶宮、徳寿宮)と宗廟の入場料が払えたり、その他提携店では割引があったりする様です。
値段はT-money単体は2,500ウォンですがソウルシティーパス・プラスは3,000ウォンと500ウォン高いです。

値段は日本円で50円位なので色々利用するならお得だと思いますが問題は返金場所です。
カード購入とは別にチャージした金額は500ウォンの手数料を引かれて返金可能です。
カードを購入した明洞駅改札前の機械の真向かい辺りにその返金処理ができる機械があるのですが同じ駅で購入したにも関わらずなんと返金出来ないのです。
何回カードを入れてもただ出てくるだけ・・・どうやらT-moneyカード専用のようです。
調べるとコンビニでも返金可能との事ですので仕方なくコンビニへ。
コンビニにも注意が必要でGS25では対応してくれるのですがファミリーマートでは出来ないらしいです(単に自分の言葉が通じなかっただけかもしてませんが・・・)。

はじめに近場にあったのでファミリーマートで伝えると首を横に振るんです。
「通じなかったかな?」と思いもう一度お願いすると。
「うちはこのカードだけだ」という表情でレジ下のカードをチラッと見せてくれました。

なのでGS25に行ってレジにて下記文字をみせて返金してもらって下さい。
それが一番早いです(笑)。



환불하십시오
hwanbul hasibsio
ファンブル ハシブシオ
返金してください


色々便利は良いのですが返金に関しての情報が少なかったので記事にしてみました。
購読ありがとうございました。




0 件のコメント:

コメントを投稿