2014/07/09

韓国のプリペイドSIMでデータ通信を試してきました(購入編)

韓国旅行は直前で決めたため中身はほぼノープラン。
その為、現地でも調べたりするのにネット環境は必要と感じましたのでそれならせっかくだから現地SIMを使用してみようと思いました。
日本のキャリアなら韓国では海外ローミングでそのままネットも出来るのですが1日約3,000円払うのも勿体ないですしね。
以前、出張で2週間程海外に行った時にはそのまま日本のキャリアでネットしてたら後日の請求見て溜息でました。
約3,000円×14日ですもんねぇ。


必要なもの
1/エバーグリーンモバイル社のEGSIMカード
2/WCDMA(UMTS/HSDPA)2100MHz対応のWIFIルーターかスマフォ(どちらもSIMフリー)
3/ネット環境(カード購入後アクティベートが必要な為)
4/SIMカードアダプタ(nanoSIMで複数端末で入れ替えて使う場合)



韓国ではGS25と言うコンビニがありましてそこで購入できます。
もし空港が仁川国際空港でしたら到着ロビー内にもGS25はあります(金浦国際空港にも取り扱いはあるようです)。
しかし、自分が行った時には売切れでした・・・お昼前には着いたのですが。
店員に聞いていないのでもしかしたら聞けば良かったかもしれません。




仁川空港内はフリーWIFIがあるので出来ればここで買って設定までしたかったです。
自分の場合は仕方ないので明洞のGS25を何件か探してようやく購入しました。
どうやら扱っていない店舗もあるようです







因みにこの店舗にて購入しましたが機嫌が悪かったのか、店員さんにパッケージをカウンターに投げつけられました(笑)。
公式HPに販売店が載ってます(主要店舗のみ)。
http://www.egsimcard.co.kr/jpn/buy-eg-sim-card/online/buy-egsimcard.asp




値段は
標準/MicroSIMがKRW30,000とKRW50,000
nanoSIMがKRW35,000とKRW55,000の4種類でした。
SIMカードの大きさと含まれているチャージ金額(KRW30,000とKRW50,000)で分かれているようです。

安い方でも1Gはチャージできますので充分ではないでしょうか。
今回はnanoSIM/KRW35,000を購入しました。


次回は設定編になります。

次記事1
韓国のプリペイドSIMでデータ通信を試してきました(アクティベーション設定編)

次記事2





2016/3/31:追記
韓国のSIMは機種の登録(アクティベーション)をしてしまうようです。
同じ機種を違うSIMで使用する場合、前のSIMを解約しないと次のSIMは使えないようです。
この情報を教えてくれた方は空港の窓口があるSIM会社を使ったそうです。
アクティベートから解約までしてくれるそうなので安心ですね。

Catch-coolさん、貴重な情報を頂きましてありがとうございます。





0 件のコメント:

コメントを投稿